2月 22nd, 2017

フレブルの子犬の飼育方法

フレンチブルドッグの子犬を飼う場合には、大人の犬を飼育する場合とはまた違った、子犬ならではの注意点があります。
フレブルの子犬は他の子犬と同じように、初めて家に連れて帰ってから一週間ほどは特に、ストレスを感じやすくなっています。
子犬にとっては見知らぬ環境である場所にいきなり連れてこられた状態になりますから、寂しさと不安を感じやすくなっています。
ストレスが溜まりすぎると病気にもつながってきますから、まずは子犬が飼育環境に慣れるように構いすぎないようにしましょう。
また、フレブルは体温調節を苦手としているので、飼育環境の気温には気を使いましょう。
暑いときには、特に配慮が必要です。
子犬は一日の大半を寝てすごすため、サークルに入れてそっとしておくことも大事。
遊びたい気持ちがあっても、がまんして適度に遊びましょう。
また、トイレのしつけもしっかり行う必要があります。
しっかりトイレの場所を覚えさせましょう。
飼育方法に気を付けて、フレブルを楽しい生活を送りましょう!

This entry was posted on 水曜日, 2月 22nd, 2017 at 9:08 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.